サンローランとは?

サンローラン

ラグジュアリーファッションブランドの「サンローラン」はイヴ・サン=ローランが創設し、デザイナーを務めたブランドです。

イヴ・サン=ローランはシャネルやクリスチャン・ディオールと並ぶ、20世紀のファッション界をを牽引してきた人物です。イヴ・サン=ローランはファッション界で「モードの帝王」と呼ばれていました。

21歳でデザイナー業を始めたイヴ・サン=ローランですが、初めて雇用されたのはかのクリスチャン・ディオールだったのです。
そして自身のファッションブランド「イブサンローランYSL(現在のサンローラン)」を立ち上げ、数々の伝説的な洋服を生み出していきました。

サンローラン3

1966年には女性のためのタキシード・スーツ『スモーキング』が誕生。女性が男性的な装いをするという、これまでの概念を覆す革命的な発想でした。イヴ・サン=ローラン自身もこのコレクションを非常に気に入っていたと言われています。

「イブサンローランYSL」は2012年に「サンローラン」と改名しました。

現在ではレディース、メンズ共にウェア、シューズ、バッグから革小物、ジュエリー、サングラスまでフルラインが取り扱われています。

銀座シックス(GINZA SIX)の特別限定商品

2017 年 4 月 20 日(木)にオープンの銀座シックスでは、開業を記念し、各店舗では、GINZA SIX 限定商品や他店舗には無い先行販売など、特別商品を扱うことが決定しています。

そして「サンローラン」では以下の商品が特別に販売されます。

商品名:ANJA(アニヤ)

サンローラン

価格:235,000 円

サイズ:W17.5×H19×D15.5cm

新しいクリエイティブディレクターのアンソニー・ヴァカレロと親交のある、ANJA RUBIKが名前の由来となっている商品です。

サンローランのフラッグシップショップの魅力

サンローランフラッグ

サンローランは日本初のフラッグシップショップを2015年12月に表参道にオープンさせました。

3階まであるこちらのショップは世界最大規模の面積です。

もちろんレディース・メンズ共にフルラインの取り扱いがあります。

表参道フラッグシップショップではオープンにあたり2016年のコレクション「サーフ サウンド」にちなみ、サンローランが手掛けた初めてのサーフボードが限定発売されました。

サンローラン6
著名なアーティストとコラボレーションしたというこちらのアイテムは全世界でなんと10点しか取り扱いがなく、大変希少なアイテムだったのです。

このようにサンローラン表参道フラッグシップショップは足を運ぶ方々の期待を裏切らない幕開けとなったのでした。

銀座シックスのサンローランフラッグシップショップにはどのような限定アイテムが登場するのでしょうか。

サンローランの注目アイテム

【オピウムパンプス】

サンローラン2

サンローランのロゴである「YSL」がヒール部分にあしらわれた、なんともキュートでユニークなパンプスです。

2017年夏のコレクションになります。ヒールの高さは11cmでパテントレザーのパンプスです。

ヒール部分の「YSL」にはメタル素材が使われています。

【スモーキング ショートジャンプスーツ】

サンローラン3
こちらは一見するとジャケットにみえますが、ショートパンツの付いたオールインワンになります。

イヴ・サン=ローランが世に生み出した、女性のための名作タキシード・スーツ『スモーキング』を現代らしくデザインしたものです。

このアイテムはイヴ・サン=ローランの意思を継承していると言っていいでしょう。こちらもサンローランの2017年夏のコレクションとなります。

ぜひ銀座シックスでサンローランフラッグシップショップで新作のショッピングをお楽しみください。